家の設備をピカピカ綺麗に|頼んでよかった住宅業者


ワックスとはちがう

元々フロアコーティングは、ワックスを使用できない乖離作業が不可能なフローリングが増えた事で、新た無い床の保護のために開発された経緯があります。このためワックスとは類似競合の関係にあり、同じように床の保護剤として機能してくれます。 ただしワックスとフロアコーティングは違いも多くあります。前述のようにワックスは乖離作業を前提として定期的な塗り直しを、比較的短期間で繰り返しますが、フロアコーティングは比較的耐久性が短いものでも数年、長いものでは30年近くは塗り直しの必要が無いとされています。 ワックスが耐性では水に対しては総じて強いのに対して、フロアコーティングはさらに耐薬品性や防汚性を備えているものが多いなど、耐性の違いもあります。

施工価格に関して留意すべき点として、フロアコーティングでは用いるコーティング剤によって価格が大きく変わってきます。 例えば料金を安く上げる場合はアクリル系のコーティングや、ウレタンコーティングが最適です。これらは耐用年数が短くて3年から10年ほどの商品が多くなりますが、その分価格が安いため、一回あたりの塗り直しの費用は安く済みます。どちらも1畳分の施工で2000円から5000円ほどの料金となります。 またより高性能なフロアコーティングを希望する場合は、シリコンコーティングを選ぶ手段もあります。シリコンコーティングは、施工価格は高めですが、安全性が高いため、子どもやペットを飼う家庭でも安心して施工できる上に耐用年数も長い特徴があります。