アフターピルにはどんな効果があるの?

アフターピルの効果を知る
アフターピルは性交渉後であっても高い確率での避妊ができます。

避妊の最後の手段として用いられるアフターピルで妊娠を回避する工程は二段階で行われ最初の段階で排卵日を遅らせ、次に受精卵の着床を防ぐ働きをします。
では二段階の工程を詳しく見ていきましょう。

第一段階:卵巣の動きをコントロールして排卵を遅らせる

アフターピルの有効成分に女性ホルモンであるプロゲステロンが含まれています。プロゲステロンには卵巣の働きをコントロールする力があります。

アフターピルにはプロゲステロンが多く含まれています。ですのでアフターピルを服用することで、卵巣の働きに制御をかけて排卵を一時的に抑えます。卵巣の働きが制御されることにより、卵子の排出が一時的に止まります。

性交渉後まだ卵子と精子が受精をしていなければこの段階で避妊をすることができるのです。

第二段階:受精卵の着床を防ぐ為に生理を起こす

先ほどもお話したとおりアフターピルにはプロゲステロンというホルモンが含まれています。プロゲステロンには卵巣の働きをコントロールする以外にも生理を引き起こす作用があるのです。

プロゲステロンは生理前になると分泌量がピークに達します。ピーク後は徐々に減少していきその後生理が起こります。生理はプロゲステロンの働きによって子宮内膜の膜が剥がされて外に出てきたものです。

アフターピルを服用することで有効成分であるプロゲステロンをピーク時まで上げて、その後子宮内膜を剥がして生理を起こされるのです。

しかし、アフターピルを飲むことで起こる生理は出血量が普通児の生理の量に比べとても少なくおりものと似ています。おりものに薄っすらと経血が混じったような感じの色をしています。

まとめ

アフターピルは二段階に分けてしっかり避妊をしてくれます。しかし、アフターピルでも確実に避妊できるというわけではなく避妊が失敗に終わってしまうこともあります。

もしもアフターピルを服用する前から妊娠をしていれば避妊効果はありませんし、性交渉後に服用しなければ意味がありません。事前に服用していても効果が無いので性交渉後に服用しましょう。